ブログ一覧


屋根の葺き替え工事で雨が及ぼす影響は?依頼主ができる対策も解説

雨天時の屋根の葺き替え工事

 

家の築年数が長いと、屋根の耐久性や雨漏りが不安になり、葺き替え工事を検討することもあるでしょう。しかし、梅雨の時期などは、雨の日にも施工できるのか、雨による影響はどのようなものか疑問に思うことがありますよね。そこでこの記事では、雨天時に屋根の葺き替え工事ができるのか解説するとともに、雨が屋根工事に及ぼす影響や雨対策で依頼主が意識するポイントなどについてご紹介します。

この記事を読むための時間:3分

雨天時に屋根の葺き替え工事はできる?

雨に濡れると施工後の耐久性や仕上がりに影響するため、雨天時は基本的に葺き替え工事ができません。それにより、工事を延期にすることが多く、途中で雨が降ってきた場合もその日は中止になります。しかし、屋根の下地を作り終えた後、防水シートを張る作業まで終了していれば、多少の雨なら工事できることもあります。そのため、雨の日に工事が行われるかは、業者への確認が必要です。

雨が屋根工事に及ぼす影響

雨が屋根工事に及ぼす影響を、以下の3つより解説します。

 

  • 材料の品質が悪くなる
  • 塗装ができない
  • 事故に繋がる

 

それぞれについて解説していきます。

資材の品質が悪くなる

屋根の工事中に雨が降ると、資材の劣化やカビに繋がります。そのまま工事をすると耐久力の低い屋根になり、想定年数よりも早くリフォームが必要になる可能性があるため注意が必要です。また、屋根の葺き替え中は家の基礎部分が剥き出しになるので、木造建築の場合、建物の劣化にも繋がります。

塗装ができない

雨が降ると、屋根に塗った塗料が乾かず流れてしまい、仕上がりが汚くなってしまったり、家の外壁に塗料がついてしまったりすることもあります。また、屋根材に使う塗料は、雨が混ざることにより変色する恐れもあるので、施工後の仕上がりを考え、雨天時の塗装工事は延期または中止とする場合が多いです。

事故に繋がる

雨が降ると、屋根の表面が濡れて滑りやすくなり、施工員が過って転落する恐れがあります。屋根は傾斜や材料の劣化によって足場が悪い可能性もあるので、濡れることでさらに転落の危険性が高まります。事故が起こると、業者の管理責任を問われることに加え、予定通りに工事が終わらないということにも繋がるため、雨の日は安全性を考えて延期にすることが多いです。

雨対策で依頼主が意識するポイント

雨対策で依頼主が意識するポイントは、以下の2つです。

 

  • 雨の多い時期を避ける
  • 施工期間は余裕を持つ

 

それぞれについて解説していきます。

雨の多い時期を避ける

依頼主が雨対策を行うなら、雨の多い時期を避けて依頼するのがポイントです。梅雨や台風、雪の時期は、そもそもの降水量が多いだけでなく、天気も変わりやすいので、朝は晴れていたけれど、昼過ぎから急に雨が降るということも少なくありません。

 

そのため、これらの時期をできるだけ避けて依頼をすると、工事と雨が重なりにくいでしょう。しかし、雨の少ない時期は予約の殺到が予想されるので、早めに依頼することが大切です。

施工期間は余裕を持つ

依頼主が雨対策を行うなら、施工期間には余裕を持つことがポイントです。屋根の工事は、雨が降るとできないことが多くなるので、基本的に延期になります。しかし、施工期間に余裕がなく「早く工事をして欲しい」などの依頼をすると、業者を困らせてしまいます。

 

そのため、依頼する側は、雨が降ると延期や中止になる場合があるということを念頭に置き、スケジュール変更に対応できるよう、施工期間には余裕を持つことが大切です。

繁忙期は早めに工事を依頼しましょう

屋根の工事は、雨が降るとできない工程があるので、降水量の少ない時期に依頼をするのが最適です。しかし、雨の少ない時期は他の人も工事を依頼するため、業者の繁忙期となります。繁忙期は工事の予約が取りにくく、希望する日程に施工できない可能性があるので、早めに業者へ依頼しましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2023 ノットワークス. All rights Reserved.