ブログ一覧


窓ガラス遮熱コーティングの性能・メリットとデメリット

奈良県香芝市に拠点を置き、関西一円にて建築板金業を営んでおります、Y’noT Works ノットワークスです。
雨樋工事や雨漏り修理、屋根工事や外壁工事などを手掛けております。

 

そして今回、お客様のご要望やお声をもとに、窓ガラスと太陽光パネルのコーティングも手がけることになります。

 

この記事では、「窓ガラス遮熱コーティングの性能・メリットとデメリット」について解説しています。

 

ぜひ最後までご覧下さい!

 

 

 

 

遮熱塗料の概要

使用する遮熱塗料は紫外線・赤外線を断熱するコーティング剤です。

 

窓からの日射の侵入や冷暖房熱の逃避は損失エネルギーの70%を占めます。

このことから、居住空間の省エネ節電対策の一環で窓の断熱・遮熱対策が最も効果的といえます。

また、冬季においては結露の発生を大幅に抑え込む働きがあるためさらに暖房効果を高めます。

 

注意点として。涼しくなる訳ではありません。

35℃の暑さが30℃ほどに感じるようになります。そうなると設定温度を高くすることができ結果的に節電効果に繋がります。

 

 

 

 

窓ガラス遮熱コーティングのメリットとデメリット

窓ガラス遮熱のイメージ画像

窓ガラスの遮熱コーティングのメリットについてご紹介します。

 

①:遮熱フィルムよりも堅いので傷がつきにくい。

 

②:大きいガラスの場合、フィルムだと繋ぎ目ができてしまうが塗料なので継ぎ目ができない。

 

③:10年の耐久性(フィルムの場合5年7年)

フィルムの場合、フィルムの劣化よりも接着剤がはやく傷んでしまいます。

 

 

 

 

次はデメリットについて。

①:塗料に若干の色がついている。(真透明ではないが透過率85%以上はある)

 

②:日射を多少屈折させることがある。

 

③:カラーガラス・すりガラスなど、透明性の低いガラスは施工できない可能性があります。

 

④:通気性の悪い環境では施工不可。(溶剤のため。乾けば匂いはしません)

 

 

 

 

施工応用例

●屋内外のガラス

●天窓・明かり取り窓

●サンルーム

●太陽光パネル

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

年々上がり続ける外気温と電気代。

窓ガラスに遮熱コーティングを施工すれば日々のランニングコストを抑えることができます。

 

気になられましたらぜひ一度、ご相談下さい。

お問合せはこちらをクリック!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2023 ノットワークス. All rights Reserved.